So-net無料ブログ作成
前の10件 | -

成田詣で-シュリンク、シュリンク(その2) [飛行機]

CPA_B777-300ER_KQA_0001.jpg

今日は成田に出掛けても良かったのですが、流石に静養日。
終日、昨日の釣果を編集して過ごし、YouTubeの番組を見て過ごしました。
ついでに、以前遠征したときのデータがSDカード何枚かに保管していたのを思い出し、再び復元ソフト実行。
名古屋と千歳と関空のデータを救い出すことが出来ました。
ただ、それでもかなり足りないのは明らかではありますが。

てな訳で、昨日の釣果。

ANAのB.787-8。
ANA_B787-8_820A_0016.jpg
特別塗装が剥がされてから初めて撮影。

Royal Brunei AirlinesのA.320-200neo。
RBA_A320-200N_RBF_0001.jpg
一昨年11月に受領した機体で初撮り。

中国国際貨運航空のB.747-400F(SCD)。
CAO_B747-400F(SCD)_2475_0012.jpg
こちらサイド離陸は初撮り。

Swiss International AirlinesのB.777-300ER。
SWR_B777-300ER_JNI_0003.jpg
この日の目玉。
先月からシップチェンジしてB.777-300ERが就航しました。
勿論初撮りの機体。
因みに、A.340は来月就航予定の関空線に投入されるのですが、どうなることやら。

PeachのA.320-200。
APJ_A320-200_821P_0006.jpg
こちらサイド離陸は初撮り。

UPSのB.767-300F(ER)。
UPS_B767-300F(ER)_337UP_0013.jpg
7年ぶりの撮影で、ロゴがシンプルに変わりました。

Easter JetのB.737-800。
ESR_B737-800_8343_0001.jpg
一昨年12月にFlydubaiからの中古機を受領したもので初撮り。

香港航空のA.320-200。
CRK_A320-200_LPN_0001.jpg
意外に初撮りの機体。
香港航空はトリプルデイリーでしたが、朝便は運休、昼便、夜便も機材はA.330からA.320にシップチェンジしました。

FinnairのA.350-900。
FIN_A350-900_LWP_0001.jpg
今月受領したばかりの新造機では当然初撮り。

EtihadのB.787-9。
ETD_B787-9_BLM_0004.jpg
久々のノーマル塗装機。

Iberia Airlines of SpainのA.330-200MTOW。
IBE_A330-200_MNL_0016.jpg
こちらサイド離陸は初撮り。

Asiana AirlinesのB.747-400E(BDSF)
AAR_B747-400M(BDSF)_7423_0001.jpg
貨客型ジャンボを貨物専用型に改造した機体で、改造されてからは初撮り。

英国航空のB.787-9。
BAW_B787-9_ZBKS_0011.jpg
こちらサイド離陸は初撮り。

Vietnam AirlinesのA.350-900。
HVN_A350-900_A894_0005.jpg
こちらサイド転がりは初撮り。

AeroflotのB.777-300ER。
AFL_B777-300ER_BIL_0003.jpg
初撮りの機体逆サイドロシア文字側。

圓通航空のB.737-300(SF)。
HYT_B737-300(SF)_2505_0003.jpg
中国新華航空を退役後、貨物機に改造されて、中国東海航空、そしてこの会社に流れてきた機体で初撮り。

中国南方航空のA.321-200。
CSN_A321-200_2281_0002.jpg
意外に初撮りの機体で、元中国北方航空機。
合併によって中国南方航空のフリートに加わったもの。

Asiana AirlinesのA.380-800。
AAR_A380-800_7641_0005.jpg
こちらサイド離陸は初撮り。

中国南方航空のA.320-200。
CSN_A320-200_9912_0003.jpg
初撮りの機体。

もう1つ、中国南方航空のA.320-200neo。
CSN_A320-200Neo_305C_0002.jpg
去年2月受領の新造機で初撮り。

吉祥航空のA.320-200。
DKH_A320-200_6861_0002.jpg
先月はB.787-9でしたが、今月に入ってA.321にシップチェンジし、更に此の日からA.320へと縮小。
こちらサイド離陸は初撮り。

NokScootのB.777-200ER。
NCT_B777-200ER_XBC_0015.jpg
こちらサイド離陸は初撮り。

Eva AirのA.321-200。
EVA_A321-200_16226_0003.jpg
高雄便は運休、そして台北便も、先日までB.777-300ERとかB.787-10やB.787-9が投入されるトリプルデイリーでしたが、1便減って機材もA.321に縮小されました。

FedExのMD-11F。
FDX_MD-11F_523FE_0012.jpg
元Deltaの旅客機を改造したものでこちらサイド転がりは初撮り。

中国東方航空のA.330-200。
CES_A320-200_8392_0002.jpg
こちらも上海便はトリプルデイリーから1本減って、機材はA.330からA.320、場合によってはA.319に変更。

厦門航空のB.737-800。
CXA_B737-800_5631_0011.jpg
厦門便はB.787からB.737-800へとシップチェンジ。

Thai AirasiaXのA.330-300。
TAX_A330-300_XTJ_0007.jpg
元中国東方航空機でこちらサイド離陸は初撮り。

DeltaのB.767-300ER。
DAL_B767-300ER_1602_0003.jpg
着陸は初撮り。

同じくDeltaのB.767-400ER。
DAL_B767-400ER_827MH_0002.jpg
午後の目玉で初撮り。
ホノルル線の機材ですが、何時もはB.767-300ERなのに、此の日だけ胴体延長型で数の少ないB.767-400ERが投入されました。

厦門航空のB.737-800。
CXA_B737-800_5303_0002.jpg
福州便は機材変わらず、しかし初撮りの機体。

China AirlinesのA.350-900。
CAL_A350-900_18918_0012.jpg
高雄便は運休ですが、台北便は変わらずです。
A.350-900のAirbusとのコラボ塗装機。

取り敢ずここまで。
タグ:写真 飛行機
nice!(0) 
共通テーマ:日記・雑感

成田詣で-シュリンク、シュリンク [飛行機]

CPA_B777-300ER_KQK_0004.jpg

そんな訳で、今日は久々に成田へ。
ずっとデッキにいたし、猛烈な風が吹いていたので、ウィルスが来ても吹き飛ばされたのでは無いだろうか…と思いたい。
まぁ、それなりに自衛はしていましたが。

てな訳で早速、釣果貼り貼り。

ANAのA.320-200neo。
ANA_A320-200N_220A_0001.jpg
去年10月受領の新造機で初撮り。
ただ、路線運休の煽りで今日はずっとおねんねでした。

Air FranceのB.777-200ER。
AFR_B777-200ER_GSPN_0001.jpg
ウィルスの影響か、レギュラーのB.777-300ERでは無く、羽田に飛来するのと同じB.777-200ERが飛来。
この機体は初撮り。

大韓航空のA.330-200。
KAL_A330-200_8212_0019.jpg
こちらは最近の日韓関係の影響か、A.330-300からシップチェンジ、スカチー塗装。

Cebu PacificのA.320-200neo。
CEB_A320-200N_C3287_0001.jpg
去年9月受領の新造機で初撮り。

Thai AirasiaXのA.330-300。
TAX_A330-300_XTL_0001.jpg
先月受領したばかりで、初撮りの機体ですが、新造機では無く、ロシアのAeroflotからの中古機。

Western Global AirlinesのB.747-400(BCF)。
WGN_B747-400(BCF)_356KD_0001.jpg
元JALの旅客機型ジャンボでしたが、JAL在籍時に貨物型に改造され、倒産による機材整理で売りに出されて米国に渡って2社を渡り歩いた機体で初撮り。

中国貨運航空のB.777F。
CKK_B777F_2078_0002.jpg
初撮りの機体。

China AirlinesのB.737-800。
CAL_B737-800_18660_0006.jpg
台北便の前に運航された臨時便?で、4年ぶりの撮影。
高雄便が運休したのでその振替か?

KLM-Royal Dutch AirlinesのB.777-200ER。
KLM_B777-200ER_BQB_0013.jpg
100周年ステッカー貼付。

Malaysia AirlinesのA.350-900。
MAS_A350-900_MAG_0001.jpg
初撮りの機体。

Asiana AirlinesのA.380-800。
AAR_A380-800_7641_0004.jpg
韓国便は余り影響を受けていないような…こちらサイド転がりは初撮り。

AlitaliaのB.777-200ER。
AZA_B777-200ER_DDH_0050.jpg
スカチー塗装機。

Jin AirのB.737-800。
JNA_B737-800_7786_0003.jpg
春休みシーズンだとB.777が例年なら飛来しますが、今年はまだB.737。
元大韓航空機でこちらサイド転がりは初撮り。

中国のビジネスジェット運航会社が保有するG.550。
Century_Cruises_G550_B-3327_0003.jpg
カジノの上客向け輸送機?で初撮り。

JALのB.787-8。
JAL_B787-8_841J_0016.jpg
元SAMURAI BLUE塗装機。

AeroflotのB.777-300ER。
AFL_B777-300ER_BIL_0002.jpg
初撮りの機体で愛称はPushkin。

Air BusanのA.321-200。
ABL_A321-200_8213_0009.jpg
こちらサイド離陸は初撮り。

UnitedのB.777-200。
UAL_B777-200_777UA_0005.jpg
グアム便でこれもこちらサイド離陸は初撮り。

Singapore AirlinesのA.380-800。
SIA_A380-800_SKT_0003.jpg
こちらサイド初撮り。

と言う事で、今日はここまで。
nice!(0) 
共通テーマ:日記・雑感

何時ものコース [日記]

CPA_B777-300_HNV_0001.jpg

今日は朝からリハビリ。
でもって、パンを買いに出掛けて、ついでに確定申告送付用の封筒を購入。

帰ってからは例の安物ディスプレイの挙動確認。
やっぱり、HDMIが最初に認識することが分かった。
いや、何のためのDPなのか…正直飾りだろうか。

それからは引き籠り生活。
久々に何もしない日でした。
半分、仕事の進捗を見ていたけど。

明日は久々に出掛けてこようか、と思います。
花粉目一杯だけど…。
nice!(0) 
共通テーマ:日記・雑感

パンデミック [日記]

CPA_B777-300_HNU_0004.jpg

来週会議で報告しなければならない事項があって、彼方此方調整に走り回っていました。
一方で日曜の工事立会いは、日曜に会社に出て来る人がいたので、その人にお願いして難を逃れ、日曜日はフリーになりました。
なので、明日が雨でも、明後日があります。

で、今日は早めに蒸けてお馴染みCPAPへ。
前回は平均AHIが18.3まで一気に下がって、このまま下がり続けるかと思いきや、一進一退でまた今月は20.6に上昇。
ラージリークが減った分、数値が上昇したっぽいです。

詳細を見てみると、無呼吸を検知すると圧が上がって気道を確保し、呼吸を促す仕組みなのですが、圧が上がっても気道が確保出来ず、無呼吸の侭という状態が続いているみたいです。
これでは余りCPAPとして機能を果たしていないので、毎度おなじみ数値いじりで、入眠時の圧を高める事になりました。

最初の入りはそんなに圧が高くありませんが、20分経過した後で一気に圧を上昇する形に変更です。
これでどれだけ効果があるのか、頗る疑問ですが。

先月今月と疲れが溜っていたり、悪天候だったりで、休みに殆ど動けておらず、運動不足状態で、体重が中々減っていないのも効いているのかも知れません。
ただ幸いなのが、太り過ぎ表示には未だギリギリでなっていないこと。
何とか体重がギリギリで踏み止まってくれています。
まぁ、食事の御陰と思いたいですが。

時に新型肺炎の話で思い出したことがあります。
私の曾祖父の話です。

私の曾祖父は、苦学して医学校を卒業して医者になった人です。
医者になってからは、まず満州鉄道に就職し、それから縁あって日本郵船に転職しました。
転職してからは、客船の船医として、米国やアジア、果ては欧州まで行っています。
まぁ、当時としては希有なパターンですね。

1917年、インフルエンザが世界的に猛威を奮いました。
折柄、第1次世界大戦で連合国、枢軸国問わず、生活物資が逼迫したために栄養不良となり、抵抗力が落ちていた銃後の住民、また前線で不衛生な状態で戦闘していた兵士達が次々に罹患し、罹患した兵士達が帰還したことで、更に欧州から米国などにも飛火、最終的に何十万人からの死者が出ています。
勿論、日本も例外ではありません。

第1次世界大戦が終わってからも、このインフルエンザは猖獗を極めていました。
特に戦後、敗戦国となったドイツでは、長期間の戦闘に加えて生活物資が戦後も不足していた上に、戦場からの兵士の復員、植民地や新たに独立した国々から追放されたドイツ系住民が続々と本土に帰還したことで生活は苦しくなり、衛生状態も悪い状態が続いていましたから特に酷かったらしい。

そんな中、ハンブルク港に入港した日本郵船の船に我が曾祖父が乗っていました。
ハンブルクでもインフルエンザは大流行していたのですが、ある時、市のお偉方から曾祖父に支援依頼が来たそうです。
それは「子供達だけでも、あなた方の船にあるインフルエンザワクチンを接種して欲しい」と言うものでした。

今の世の中だと、こんな要請は会社的にも一蹴することになるのかも知れません。
しかし、日本郵船では商売抜きで、こうした要請に応えることを決めました。
かくして、曾祖父は船に搭載していたワクチンを一所懸命に接種したそうです。

当時のドイツはまだ第1次世界大戦の余韻が続いていて、不安定な状態。
また黄禍論なんてのが大手を振っていた時代ですから、東洋の得体の知れない医者が白人の子供に得体の知れない注射を受けるのはどうだったんでしょうか。
色々と葛藤や軋轢があったかも知れません。

後日談については、ハンブルク市から表彰されたとか、感謝されたとか言う話は全く聞いていないのですが、とにかく、こんなことをしたよ、と言う土産話がさり気なく、うちの家に伝わっているだけです。

うちの曾祖父は、発症から何年も経って治療法が割と確立していた病気でしたから、対処は割と簡単だったのかも知れませんが、今回の様なまだ治療法も分からない状態で手探りでしょうし、色々と不備な点もあったかも知れません。
ただ、医療スタッフ達はほぼ一所懸命に活動したのでしょうから、端から見てあーだこーだと言うのは一寸違和感を感じます。

ただ、情報隠しだけは頂けませんけどね。
情報を開示することでパニックとかを抑えることが出来ると思うのですが。
nice!(0) 
共通テーマ:日記・雑感

3連休?何それ美味しいの? [日記]

CPA_B777-300_HNS_0001.jpg

明後日から3連休です。
が、土曜日は明け方まで雨、以降は大風みたいですね。
幸い南風なので、何とかなりそうですが。
で、日曜は晴れるので、此の日に成田に行こうと楽しみにしておったのですが、日曜に仕事が入っていたのをすっかり忘れていました。
てっきり土曜だと思っていたのでダメージがでかい。

そうなると月曜は休養日に充てておかないと後が大変です。
恐らく午前中でさっさと終わると思うのですが、たった2時間のために往復2時間だからねぇ。
何か疲れ倍増の予感がします。

なるべくなら、土曜日にして欲しかったのですが、今となっては修正は効きません。
致し方なしと諦めるしか無いですね。
来月も、20~22日まで3連休なのですが、22日に仕事が入っているのでどうしたものか、と。
どうせなら、20日に仕事を入れて、21、22日はフリーにしたいのですが…。

ついでに、今日の会議で上つ方に6度目の卓袱台返しをされたので疲れ3倍増です。
なので、今日はここまでにしとうございます。
nice!(0) 
共通テーマ:日記・雑感

高止まり [日記]

CPA_B777-300_HNQ_0024.jpg

今日も課題に取り組んでいたのですが、途中で引っかかって元の木阿弥。
その上、別の課題ではまた卓袱台返しがありそうで、好い加減ゲンナリしています。
なんで、こうもこうもババばかり掴まされるのか…と。

それはそうと、我が家では未だに東電から電気を購入しているのですが、未だに従量制電灯契約の侭です。
変えるにしても、発電内容が分からないものが多く、石炭火力とかそうしたサスティナブルメニューに逆行するようなものは余り採用したくない。
で、今までズルズルと従量制電灯契約で来ていた訳ですが、先日、ふとでんき家計簿のページを見ていたら、再生エネルギー、東電の場合は水力100%の電気を利用した料金体系と言うのが出ていました。

これ素朴な疑問なのですが、内訳が分かったとしても、専用線でも敷設しない限り、電線を流れる電気に色は付けられませんよね。
と言う事は、電線を通っていくうちに、様々な発電形態で発電された電気とブレンドされてしまう訳で、そうなると契約上は再生エネルギー100%だったとしても、実際に家で使っている電気は、もしかしたら原発で作られた電気を知らず知らずのうちに利用していることになるのでは無いか、と思うのですが、この辺の絡繰りってどうなっているんでしょうか。

理想的な形態は、家の近くにミニ水力発電や太陽光発電などの再生エネの発電所があって、そこからある一定の地域にのみ配電が為されると言うのが一番なのですが、色々としがらみがあるのでしょうね。

で、その水力発電100%を謳う電気料金体系。
300kWまでは1kw当り23.83円、それ以上は30.57円になっています。
これに基本料金が2,805円。

一方、プレミアムSの場合は、400kWまでは9,879.63円、それ以上は従量制で1kW当り29.58円。
これに基本料金が10Aで286円。

例えば、50Aの契約で月500kW使っていた場合、水力100%で16,068円、プレミアムSだと14,267円と月々1,800円の違いが出ます。
年間にすれば20,000円近い差です。

そうなると貧乏人は再生エネルギー100%だったとしても、見向きもしません。
発電所や配電網の維持管理にどれくらい費用が掛かっているのか、原価の内訳が知りたいなぁと思ったりするのですが、その辺はどうなんでしょうか。
割高でもエコを優先するのか、安い電気を優先するのか、他の発電サービスと比較するのも良いのかも知れませんが、一頃は流行ったけど、評価サイトって最近はやっているのかな、と思ったりもする訳です。

例えば、ふるさと納税で発電所に投資して、電気を買うと言う事は出来ないのですかねぇ。
水力発電所のある地方自治体に毎月一定額を寄付すると、その分の電気が利用出来るとか言うサービスを考えると面白いと思うのですが。
nice!(0) 
共通テーマ:日記・雑感

身の丈に合ったパソコンを [ひとりごと]

CPA_B777-300_HNP_0034.jpg

今日は色々と打合せ、そして資料の作成、それに面談と目まぐるしく目先の変わる仕事ばかり。
なので、頭を切り替えるのが大変でした。

ところで、ハードディスク障害でドタバタしていた為に端に追いやられた格好になっていますが、新型のノートパソコン購入問題。
ここ数日、Dell、HPのページと睨めっこしては「余り安くならんのぉ」とため息ばかりついています。

言うても、10万円ほどするCorei7またはRyzan7に割引が入って7~8万円程度で買えるのですから、そんなに迷うほどのことは無いかも知れません。
逆にこの値段だからこそ、中古パソコンに目を向けずに済みます。
もう少し頑張れば、MSIとかVAIOのまともなパソコンを手に入れることも出来ます。
それにしても、日本の大手メーカー製パソコンは高いですね。

我が道を行くLet's noteやVAIOは致し方ないとしても、NEC、富士通、DynaBookってほぼほぼLenovoのOEMに近いでは無いですか。
それでCeleron搭載機はまぁ安いものの、Corei3搭載でも急に高くなって、下手をすれば10万円になるものもあります。
それでいて、DynaBookの様に電源回りの設計がプアで、CPUに電気が回らず、クロック数を抑えて動かすと言う折角のCorei5やCorei7のアドバンテージを活かせない詐欺的手法のものも有ったりするわけで。

そんな中、昨日だったか一昨日だったか、学校用に配布するパソコンの価格設定の記事がネットに掲載されていました。
何でも、1台27万円もするそうです。
その価格を聞いたとき、どんなゲーミングパソコンか、或いはどこのPC-98かと思いましたね。

スペックはよく判りませんが、法人用のパソコンは価格が有ってないようなもので、民間会社でコンペして購入するのであれば半額または下手をすれば半額を切る場合もあります。
定価10万円のCorei5パソコンでも半額としたら5万円程度です。
教育用のパソコンと言う事ですが、複雑な技術計算をさせる訳で無く、プログラミングと言っても、初級のJAVAプログラミングくらいじゃないでしょうか。

となると、Corei3やRyzan3、下手をすればCeleron程度でも良いのでは無いかと思います。
初級のプログラミングとメール、インターネット閲覧、お絵かきやOAソフトの習得くらいだったらそのくらいのスペックで十分です。
こう考えるとハードウェアの価格は5万円程度で十分ですね。
これに例えばOffice365かOffice2019を入れたとしても、精々3~4万程度、この手の奴にはアカデミック版がありますから更に安くなる可能性があります。
またウィルス検知ソフトや振る舞い検知ソフトなどのセキュリティ関連ソフトでも1~2万、例えば、ウィルスバスターとかでもペアレンタルロック機能はありますからねぇ。

即ち、普通に教育で使うだけの機能のパソコンだとどんなに贅沢したって11~12万円ほどで揃います。
一体何に27万円も掛けているのか、この辺、議員さんは官僚を追求しても良いのでは無いでしょうか。
何しろ、それらを整備する費用は我々の税金ですから。

そもそも、僅か5年も保たずに陳腐化する機器なのですから、逆に言えば、大手企業でリース解約されたパソコンをリユースすると言うのでも良いのでは。
わざわざ新品で無くとも、Corei7でも第4世代のものなら、中古パソコンであれば2万円出せば買えます。
またこうしたパソコンの中には、HDDをSSDに換装して、最新版のOSをインストールして2万から3万で売っているケースがあります。

数が少ないと言う向きもありましょうが、大手企業のリース品は何万台と言う単位で購入します。
少子化が進む学校用でも十分にペイできるはずです。
逆に壊れてもすぐに補充が効きますしね。

今は新型コロナウィルスの蔓延で、サプライチェーンが途切れ、去年のようにCPUが供給できなくなってパソコンが納品されないなんて事態が万が一にも起きないとも限りません。
だったら中古パソコンの方が供給量に支障が無いように思えますがね。

ものを大切にとかエコをなんて言うのであれば、こうした方針でパソコンを整備するのも有意義だと思いますが。
まぁ売れない在庫を抱えて四苦八苦しているメーカーへの救済策と考えているのであれば、こんなことを書いても切ないだけですがね。
nice!(0) 
共通テーマ:日記・雑感

セカンドインプレッション [パソコン]

CPA_B777-300_HNO_0016.jpg

今日はうっかりマスクをするのを忘れて家を出ました。
まぁ、常に鞄の中に忍ばせているのですが、途中で咳とか鼻水が出なくて良かったです。
今の状況、そんなことをすれば一気に注目を浴びてしまいますからね。

時に、昨日ブログを書いてから、パソコンを一度解体して新しいモニターをえっちらおっちら取り付けました。
一応、今度のモニターは安いとは言えDP1.4ポートが1つとHDMIポートが2つ付いていて、スピーカーも補助的ながら付いています。

今まで使っていなかったDPポートをパソコンと繋げ、HDMIはケーブルテレビのセットトップボックスとBlu-rayドライブの2つを繋げるようにしてみました。
取り付けてからパソコンを起動してみましたが、先ず反応が鈍い。
普通、パソコンの起動時に画面が出る筈ですが、全然画面が表示されません。

あれこれ触っていたら、何時の間にかモニターが映っていましたが、既に起動した後。
と言う事は、システム起動の途中で何かのトラブルが起きても全く分かりません。
それを回避するには、もう1台モニターを繋げないと駄目という本末転倒な状態になります。

色々触ってみて、何となく理解できたのですが、どうもHDMIポートが最初に認識するっぽい。
なので、セットトップボックスかBlu-rayドライブのどちらかを先に上げておいて、パソコンを起動しないとどうも繋がらないのでは無いかと言う推定をしています。
これを理解できない様な素人が手を出すものでは無いですね。
恐らく、この時点でクレームを入れるのではないでしょうか。
何のためのDPポートなのか、小一時間問い詰めたい気分です。

でもって、画面の操作パネルは画面の裏側にあります。
狭額縁ですから、そこにスイッチを設けられなかったのでは無いかと思ったりする訳で、でも、下にはある程度の余長があるので、そこにスイッチを付けられなかったのかと言う事。
まぁ、部品を小さくするとそれだけコストが掛かるので、汎用品を利用してコスト削減をしようとすれば、後にスイッチを置くしか無かったのかなとも思いますが。

電源が1番下、コントロールメニューを出すのが1番上のボタン。
間に3つのボタンがありますが、3番目と4番目がコントロールメニューの操作ボタンで、2番目が終了ボタンになります。
普通、2番目と3番目をそうした操作スイッチにして、4番目を終了ボタンにすれば覚えやすいのに、変な場所に終了ボタンがあるので、コントロールメニューを出しては何度も終了させていました。

でもって、コントロールメニューを出していなければ、2番目は入力端子切り替えボタン。
そして、選択ボタンは3番目とかで、1番目が終了ボタンになると言うチグハグな仕組みです。
矢張りこの辺は安物です。

メニュー操作も簡便なものです。
輝度、画像調節、色設定、OSD、その他とシンプル。
その中にDSRとHDRの設定があり、自動にしたら、詳細設定がいじれません。
その他メニューの中に「FreeSync」設定があるのですが、それをONにしても、Radeon側では認識してくれない。
もしかしたら、これもHDMI端子前提なのかと思ってしまいます。

色味については結構明るさが強い。
時に眩しいくらいなので、もう少し調整すれば良いのかなと思ってみたりする。
しかし、写真の編集や動画を見る分には十分です。

写真では以前のモニターでは画像が粗々だったのに、スムースな表示が為されますし、色味も飛行機の金属的な滑らかさを再現しています。
伊達に75MHzの周波数を設定していません。

動画でも前のモニターに比べると結構ヌルヌル動きます。
そして、意外にも画像が綺麗です。
まぁ、それだけ10年前の技術がショボかったと言う事でしょうか。
起動時に認識してくれないとか色々ありますが、値段相応のモニターではあるのかな、と思います。
もしかしたら、HDMI接続するのが前提の製品だったりするのでしょうが、最近の端子は何が主流のなのかよく判りません(苦笑。
nice!(0) 
共通テーマ:日記・雑感

ファーストインプレッション [パソコン]

CPA_B777-300_HNN_0038.jpg

今日はエビ中のファンクラブイベント…の筈でしたが、場所が横浜と言う事も有ったのと、朝起きたら間に合うかどうか微妙な時間帯(流石に夜の部に出るのは躊躇したので昼の部に参加)でしたので、回避しました。
コロナウィルスに余り過敏になる必要は無いのかも知れませんが、ここ最近、春先になると何かしら身体のトラブルに見舞われているので、これ以上の年休は回避しようと思ったわけです。
まぁ、昨日会社に行って帰ってきたのもあったし。
一応、マスクもあったので参加に支障は無かったのですが、矢張り疲れが出そうですし。

この調子で、春のライブが全滅するのでは無いかと言う考えも無きにしも非ずです。
で、回避したのは実はもう1つ理由があって。

先日、安い液晶モニターを買ったら、今日到着すると言うメールが届いたので、家にいないと家人が引き取れないなぁと思ったわけです。
何となく重そうな気がしましたから。

で、夕方に到着しました。
もしかしたら、ライブに出掛けて帰ってきたくらいだったかも知れません。

箱を開けて取り敢ず組立まで行って、まだ設置はしていません。
設置をするとなると既存のモニターを撤去して、新しいモニターに置き換える必要があります。
結構大工事になりそうな感じ。
特に電源線の引き回しがかなりきついのでねぇ。

今回購入したのは、恵安の2月に出た新製品である「KIG240QD」と言う23.8インチ量子ドットモニターでお値段は市価より安い20,000円切り。
当然、安いからにはショボい点が結構あり、電源がACアダプタになっているのから始まって、上下左右の首振りも出来ませんし、スタンドも安定感が余り無く、前面にスイッチが無いので操作もし辛いです。

とは言え、元々使っていたのが10年前に出た今は亡き三菱のDiamondcrystaですから、それに比べると技術的にはほぼ別世代と言っても良いもの。
メイドインジャパンらしい重厚な造りで、テレビ感のある液晶モニターです。

それに比べると、かなり軽薄短小と言っても過言では無いモニターで、特に厚さは今のモニターの4分の1程度、画面の領域も今のモニターよりも広くなっていますし狭額縁です。
まだ色味は見ていませんが、量子ドットと言う技術だとそれなりに綺麗なのでは無いでしょうか。
元々が10年前のモニターなので、今のモニターを見ている人からすれば大分不満な点があるのかも知れませんが、先ずはこのモニターを使ってみようと思います。




nice!(0) 
共通テーマ:日記・雑感

羽田詣で-とっても青い空なので(その3) [飛行機]

CPA_B777-300_HNM_0016.jpg

今日はリハビリに出掛けて、歯医者に出掛けてやっと正式の詰め物をして貰って、それから会社へ。
本当は朝から行かなければいけなかったのに、歯医者を入れたので遅れて行くことに。
丁度バスが来たので慌てて飛び乗ったのですが、会社に着いたら、作業が全て終わっていました。
結局会社滞在5分。
一体何をやっていたのか。

そう言えば、例の壊れたハードディスクですが、データ救出ソフトで深い部分のデータを救出しようと試みたのですが、遂にカッコン音が出てしまい、二進も三進も進まなくなりました。
2ヶ月分のデータが吹っ飛びましたが、致し方なしです。
まぁ、最近のものが救出できたので助かりました。

ついでに今日も羽田に行こうと思いましたが、明日は横浜に行く事になるので、さっさと帰ってきました。
まぁ、段々拡大しているのもありますし、空港は怖いかななどと思ったりして。

で、夜に入って写真の整理をしてアップしようと思ったのですが、うっかり復旧させたデータのドライブを移動させたのが運の尽き。
写真を整理しているドライブのディスクI/Oが100%になったので、編集がもたつき、全部を完了するに至りませんでした。
と言う事で、出来た分だけ簡単に。

JALのB.777-200。
JAL_B777-200_8985_0026.jpg
JALオリジナルとしては最後の8000番台機で、3年ぶりの撮影。

SKY MARKのB.737-800。
SKY_B737-800_737N_0030.jpg
3年ぶりの撮影。

JALのB.787-8。
JAL_B787-8_848J_0001.jpg
去年12月受領の機体で、国内線用。
勿論初撮り。

Solaseed AirのB.737-800。
SNJ_B737-800_808X_0016.jpg
「VISIT あまくさ号」としては初撮り。

JALのB.767-300。
JAL_B767-300_8976_0025.jpg
元日本アジア航空の機体でJALのB.767-300としては最古参。

JALのB.737-800。
JAL_B737-800_331J_0004.jpg
3年ぶりの撮影。

JALのB.777-200。
JAL_B777-200_009D_0026.jpg
元JAS機で3年ぶりの撮影。

とある会社の社有機であるFalcon7X。
Private_Falcon7X_M-WANG_0003.jpg
マン島籍の機体で初撮り。

Cathay Pacific AirwaysのB.777-300ER。
CPA_B777-300ER_KQU_0002.jpg
日本には飛来するのが少ないERで、古い機体なのに初撮り。

StarflyerのA.320-200。
SFJ_A320-200_27MC_0002.jpg
去年10月受領の新造機で初撮り。
Starflyerの国内線・国際線両対応機。

SKY MARKのB.737-800。
SKY_B737-800_73AA_0001.jpg
SKYMARKの追加発注機でこれも初撮り。
タグ:写真 飛行機
nice!(0) 
共通テーマ:日記・雑感
前の10件 | -